10代~20代女性に人気のセフレ募集サイト!女性に優しい作りだからセックス相手探しに困らない♪

セフレ関係はセックスの相性が最大ポイント

インターネットの普及によって、人間関係のあり方や出会いのカタチも昔とは大きく変化しています。
その象徴的なものが、出会い系サイトやアプリでしょう。
こういったツールを使えば、メル友や友だちだけでなく、恋人、さらには結婚相手さえも探すことができます。
そんな中で近年人気が高まっているのがセフレ探し、つまりセックスのみの付き合う相手を見つけることです。
セフレはお互いがセックスを楽しむためだけに付き合う関係なので、セックスの相性さえよければそれ以外の条件はさほど重要視されません。
恋人関係となるとセックスの相性もさることながら性格や興味のあること、恋愛を含めたいろいろなものの考え方などが大きなポイントですし、将来結婚を見据えた関係であればそれらに加えて収入や家柄、相手の家庭といったものを気にする人も多いのではないでしょうか。
けれどもセフレ関係にそれらは必要なく、セックスの相性の良し悪しだけが付き合うポイントといえます。
中にはセックスを満足させてくれるなら年齢やルックスも関係ないというケースも少なくないのがセフレ関係なのです。

パートナーがいるのになぜセフレを作るの?

セフレサイトやアプリを利用してセフレを探している人はたくさんいますが、その中には既婚者や付き合っている恋人がいる人も少なくありません。
結婚していなかったり恋人がいないフリーの人であればセックスをする相手がいないのでセフレを求めるのは理解できますが、特定のパートナーがいるのになぜ?と思いたくなります。
しかしそんな人たちの考え方はちょっと異なっていて「パートナーがいるからこそセフレが必要なのだ」といいます。
何だかよくわからないという人もいるかと思いますが、つまり特定のパートナーがいなければだれと遊んでも自由、風俗へ行っても合コンで知り合った相手と一晩を過ごしても文句を言われることはないけれども、パートナーがいればそうはいきませんよね。
ましてやパートナーとの関係は良好だけれどもセックスの相性がよくない、満足できないこともあるでしょう。
だからといってそれを理由に別れるわけにはいかないので、セフレを作って性欲を満たすのです。
パートナーがいる人にはパートナーがいない人にはわからない悩みもあるというわけですね。

セフレに対して警戒心は必要

出会い系アプリでセフレを作る場合、恋人を作る場合と比べるとお互いを知るために費やす時間が総じて少ない傾向にあります。
それはそうですよね。
恋人は妥協したくありませんが、セフレはある程度妥協しても構わないという気持ちがあるはずです。

なので自分の好みを妥協して会いやすい人を探す分には構いませんが、安全性はしっかりと確認するようにして下さい。
最近は小さな盗撮用のカメラも簡単に手に入れる事が可能です。

ホテルの一室で相手がシャワーを浴びている時に、ベッドがよく映る角度でカメラを設置する事は可能です。
またトイレにもカメラを設置するなんて悪質なケースもあります。

最悪カメラに撮られたとしても、本人が自分の趣味で1人で楽しむ分には被害は小さいと言えます。
ですが盗撮する人の多くが、それをネットにアップして収益のために行っているケースが多いのです。

盗撮の映像が出回ってしまうと、もうそれを回収する事は不可能です。
コピペされて、どんどん広がり、何年経ってもネットの中で誰かがその映像を見ている事になります。
もし知り合いに見られてしまったらと、日常生活の中でも不安な毎日を過ごさなければいけなくなります。

なのでこの人は信用出来る人、常識がある人を選ぶ事はセフレの第一条件だと言えるでしょう。

セフレの存在は知られたくない?

セフレサイトやアプリを使ってセフレを探している人はたくさんいます。
そうして作ったセフレとセックスを楽しむわけですが、性別や年齢にかかわらず大半の人はセフレ関係を他人に知られたくないと思っています。
もちろん結婚していたり付き合っている恋人がいる人ならどこからかセフレ関係がパートナーの耳に入るかもしれないという危惧から、誰にも知られたくないと考えるのは当然です。
しかし、独身やフリーであったとしてもセフレと付き合っていることは内緒にしたいとほとんどの人が思っているのですが、いったいなぜなのでしょうか。
それはやはりセフレに対する世間的なイメージのせいでしょう。
そもそもセックスに関する内容はあまり他人に知られたくないと思っている人が多いようです。
「昨日妻とヤッちゃってさ~」とか「この間の恋人とのセックスは最高だった」などと自慢げにそんな話を吹聴する人もいないことはありませんが、多くは黙っています。
加えてセフレ関係というものに対して、世間ではネガティブなイメージを抱いています。
したがって、セフレと付き合っているということが知れた時点でその人の人格そのものを否定するような風潮も無きにしも非ずといえるでしょう。
だからこそ、あまり他人に知られることなくセフレ探しのできるアプリの存在は非常にありがたいことです。

世の中の変化がセフレを生み出した

最近は特に若い人たちにとって住みにくい社会となっているようです。
また気質的なものも昔とは変化しており、現在の若者は恋愛や結婚はあまりしたくないという人が増えているようです。
人間関係や経済的な問題などその原因はいろいろ取り沙汰されていますが、さまざまな要因が折り重なって現状を産んでいるのでしょう。
将来に希望が持てないどころか将来が見えない状況が続いている昨今、今後生活がよくなるという保証はどこにもなく、むしろ悪化していくのではないかと考えられる世の中です。
そんな中、何かを持ってもそれを維持できるのだろうかという不安が生じても仕方ありません。
途中で維持できなくなり手放してしまうことになるくらいならと、最初から持たない暮らしを選択するというわけです。
若者のクルマ離れは言われるようになって久しいですし、昔の夢であったマイホームも今はそれほど必要とされていません。
結婚して家庭を持っても、はたしてきちんと生活できるだけの収入を得られるかという問題もあります。
だから、恋愛はしない、結婚もしないという若者が増えているのです。
しかしいくら恋愛や結婚はしたくないといっても、健全な男女なのですから性欲はあります。
だから、その性欲のはけ口として出会い系アプリを使って「セフレ」を作るケースが多くみられるのです。

出会い系アプリもトラブルに注意が必要

出会い系サイトにはトラブルがある事を理解している人も多いでしょう。
ですが最近は出会い系サイトよりも出会い系アプリを利用する人の方が多くなり、アプリなら大丈夫。
そんなふうに思っていませんか?

残念ながら出会い系アプリだから全て安心という事はありません。
出会い系サイトと同様に、優良アプリと悪質アプリが存在するため、見分ける事が大切です。
まだアプリの方が歴史が浅く、老舗の出会い系アプリを探す事は難しい状態です。
ですが人気ランキングや口コミをチェックして、評判のいいアプリを探すと優良アプリに辿りつく事が出来るでしょう。

基本的にトラブルの種類や手口も出会い系サイトと大差がありません。
なぜかというと、出会い系サイトの悪質業者が、アプリの出現によって出会い系アプリの悪質業者に移行してきているためです。
そのため今までは出会い系サイトを利用していたという人は、出会い系サイトでの注意点を思い出して、出会い系アプリでも同じように引き続き注意するようにして下さい。

アプリに限った話ではありませんが、スマホは常に所有しているものです。
そのため時間を有効活用出来る反面、出会い系アプリのポイントを消費してしまう、ゲームで課金してしまうなど、小さな積み重ねが気づけば多額の請求書になる可能性があるので、自分の中で上限を設けておきましょう。

セフレ相手にもコミュニケーションは必要

セフレとはセックスするだけの関係なので、コミュニケーションは必要ない。
極端な話、出会い系アプリで知り合った相手と待ち合わせをしてホテルへ行ってセックスをする相手に会話がなくても成立する関係です。
確かに口下手な人、無口な人はその方が助かると思っているかもしれません。

ですがセフレだからコミュニケーションは不要と考えるのは、そもそも間違いです。
セフレとは、裸になってセックスをする訳です。
それって親や友達にも見せない非常にプライベートな姿ですよね。
スパイはセックスの最中に情報を引き出すと言われるぐらい、セックスの最中は無防備な状態でもあります。

だからこそ相手が何を考えている人なのか、この人に身を任せてもひどい事をされないのか確認する意味も込めて積極的にコミュニケーションを取る必要があります。
またセックスをした後も、もっとこんなふうにセックスをして欲しいとセックスについて話し合いをすれば、次回のセックスはもっとよくなるはずです。

それに初対面の時は緊張もしています。
他愛もない話でも緊張が解れる事もあるでしょう。
それにコミュニケーションをしっかりとっておく方が、関係が良好になりセフレ関係の期間が長く続く傾向があります。
やはり人と人の間にコミュニケションが必要ない関係なんて存在しないと言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ